セミナー・研修会情報

【月例セミナー5月】相続実務に必須となる親族法と課税実務の検証
※オンラインのみで開催いたします※

セミナー概要

当初、会場及びオンラインでの受講を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の流行が拡大している状況を受け、
参加者および関係者の健康と安全を最優先に考慮し、オンライン受講のみとさせていただくことといたしました。
ご理解のほどよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------

民法上、「親族法」「相続法」により「家族法」が構成されています。相続実務に直結するのは「相続法」ですが、
「親族法」も節税対策として利用される養子縁組を中心に実務に多大な影響を及ぼす項目もあります。
相続税申告までのコンサルティングを行う税理士にとっては、課税関係だけでは着地することができないことも多々あります。
本講義では「親族法」が課税関係に及ぼす影響と対策を中心に相続実務に直結するノウハウをお伝えします。

★セミナー内容★
1.養子縁組(親族法編)
2.養子縁組(税法編)
3.養子離縁(死後離縁含む)と相続実務
4.内縁と相続実務
5.認知と相続実務
6.離婚と相続実務(課税関係含む)

開催日時 2020/5/14 Thu 18:00~20:00
会場 オンラインのみでの開催です
講師

税理士法人レディング 代表税理士:木下勇人氏

愛知県津島市出身。監査法人トーマツ・税理士法人トーマツにて上場会社級の非上場会社オーナーファミリーの事業承継対策に従事。2009年、名古屋で唯一の相続専門税理士法人を設立し、富裕層に対する不動産・財産コンサルティング、オーナー社長への事業承継コンサルティングを中心に業務を展開。税理士の枠を超えたコンサルティングには定評がある。2017年9月に東京事務所開設。東京税理士会 京橋支部所属。

参加料 5000円(ラボ有料会員は無料)
定員 50名

新規会員登録はこちら