セミナー・研修会情報

どう変わる!民法改正と相続税の実務
~税理士法人チェスターによる徹底解説~

                        動画を視聴する

※動画は会員のみご覧いただけます。

                       
セミナー概要

当初、会場及びオンラインでの受講を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の流行が拡大している状況を受け、
参加者および関係者の健康と安全を最優先に考慮し、オンライン受講のみとさせていただくことといたしました。
ご理解のほどよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------


今回のセミナーでは、相続税申告を【年間1358件】行う
税理士法人チェスターの柿沼税理士をお招きし、豊富な経験を踏まえ、
新しい民法に基づく相続税・事業承継の実務をお話し頂きます。

相続税の改正論点について、
まだ追い付けていない・・・という先生でも、ご理解いただける内容となっております。

改正民法が完全施行される今年7月までに、
論点を抑えておく最後のチャンスです。

【主なセミナー内容】
★配偶者居住権の評価とは?
★配偶者居住権の活用のポイント及び留意点
 ・遺産分割
 ・相続税への影響

★新しい遺留分制度の考え方
★相続・事業承継時におけるポイント及び留意点
・遺留分10年ルールの影響と生前対策
・遺留分と事業承継税制
・遺留分と小規模宅地等の特例の関係

                               
開催日時 2020/4/9 Thu 18:00~20:00
会場 オンラインのみでの開催です
講師

税理士法人チェスター 相続事業承継コンサルティング部部長:柿沼 慶一氏

柿沼 慶一(税理士法人チェスター相続事業承継コンサルティング部部長)
税理士・1級ファイナンシャル・プランニング技能士。

1980(昭和55)年 埼玉県生まれ。
2002年 法政大学経営学部経営学科卒。
都内会計事務所を経たのち、辻・本郷税理士法人にてメガバンク・地銀案件に係る事業承継、資本政策、相続税等のコンサルティング業務に従事。
そのお客様は上場企業オーナーから、中堅・中小企業オーナーまで幅広い。
また、コンサルティング会社における業務監査、税務相談顧問、事業承継セミナー講師も従事。現在、税理士法人チェスター相続事業承継コンサルティング部の部門長に就任。
相続・事業承継・資本政策業務の専門家として活動している。

参加料 5000円(ラボ有料会員は無料)
定員 50名
   一覧に戻る    

新規会員登録はこちら