TRINITY LABO.とは

時代の流れ~無視できない外部環境の変化

IT、AIやロボディクス等のテクノロジーが急速に進展する世の中にあって、私たち士業(税理士・会計士・弁護士・司法書士等)やFP(保険パーソン)はその存在意義を問われています。

全世界的に物議を醸したオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授の論文中、テクノロジーの進展に伴いこれから消える職業ランキングとして2位に「会計士」が4位に「セールスマン」が挙げられました。

真偽はさておき国内においては「人口の減少」「続くデフレ景気」「課税強化」など、外的環境は厳しさを増しています。このような環境下にあっても私たちは競合に勝ち続け(競争優位性)、顧客へ価値提供することが求められます。

これからの時代の専門家のあるべき姿とは

私たちがここから10年先の未来まで、競争優位を保ちながら成果を出し続けるためのキーワードは「領空侵犯」です。税理士・会計士・司法書士・弁護士・FP等が互いの領域を侵し合うことが求められるのです。

何故でしょうか。

単一のモノやサービスをつくれば売れた過去の時代とは異なり、現代は消費も飽和し、情報だけが溢れかえる混迷の時代です。
ITは一般消費者における情報量を圧倒的に増やしましたが、その分ノイズも増やし判断軸を見えにくくさせました。このような時代にあって、顧客は常に「不安の中」にあると言えます。

これからの時代は、混迷と不安の中にある経営者や資産家の重要な意思決定に際して、顧客の側に立って「統合的な解決策」を提示して顧客を安全(安心)の世界へと導いていくことが求められているのです。

輝き続ける専門家のプラットフォームを目指して

「統合的な解決策」を提示するためには、税理士は税務知識だけでない、弁護士・司法書士は法務知識だけでない、FP(保険パーソン)はFP/保険の知識だけでない、自らの専門領域を超えて学び続けることが必要になります。

更には、その学んだ知識を実践により血肉にし、(逆説的ですが)最終的には各自の専門領域(いわゆる「餅は餅屋」)をもって顧客に貢献すべく、相互につながっていくことが必要となります。

TRINITY LABO.はコミュニティのメンバーが、互いの領空を侵し合いながらも協調して

①専門知識を学び
②実践し
③つながり 経営者/資産家をサポートしていくことを目的としたコミュニティです。

税理士・弁護士・司法書士・ファイナンシャルプランナー等が自らの専門領域を超えて統合型のプロフェッショナルになることを目指します。

TRINITY LABO.責任者 磨和寛

新規会員登録はこちら